金利審査を知る

フラット35の金利審査は厳しい?甘い?

フラット35の金利審査は厳しい?甘い? フラット35の金利審査は、民間に比べて甘いと言われることがありますが、実際はどうなのでしょうか。
まずフラット35の申し込み年齢は、満70歳未満の方です。
親子リレー返済の場合は70歳以上でも可能です。
融資対象物件に対する審査では、物件の技術水準が機構の定める基準に達しているかどうかを調べます。
融資率が9割を超える場合はより慎重な審査になります。
団体信用生命保険は任意加入で、入らなくても構いません。
一方民間の金融機関の場合は、ローンの申し込み年齢ではなく、ローンを完済したとき何歳になっているかが重視されます。
住宅ローンは通常長期にわたるものなので、完済まできちんと返せる能力があるかどうかを見られるのです。
物件の審査では、技術ではなく売却するときの市場価値を重視します。
担保になるものですから、売った時融資額をちゃんと回収できる見込みがあるかどうかで判断されるのです。
団信は必須加入です。
こうしてみると、融資率に関しては民間より厳しいものの、完済時の年齢のために民間の審査に落ちた人や団信の審査に通らない人でもフラット35なら審査に通る可能性があるといえます。
そういった意味では、フラット35の金利審査はあまり厳しいものではないと言えるかもしれません。

フラット35の金利審査で知っておきたいこと

フラット35の金利審査で知っておきたいこと 一般的な住宅ローンの場合、変動金利と期間別固定金利を採用しています。
しかしながら、フラット35の場合には住宅ローンと異なり、借り入れから完済まで同一金利を適用することが大きな特徴となります。
したがって、金利審査を受ける際には出来る限り金利が低い状態で受けることが重要となってきます。
そのために何点か知っておきたい情報があります。
一つ目が、金利が景気の状態に左右されるということです。
フラット35などのローンでは金利審査の際に、銀行側が出来るだけ貸し出したいという状態の時に借りることが出来れば低金利で借り入れることが出来ます。
そのため、マイナス金利である現在は特に低金利で借り入れることが出来るようになっています。
二つ目が、金利は住宅の契約時の金利ではなく、決済時の金利が適用されるということです。
したがって、住宅の契約が終了しても決済が数ヶ月後であればその際数ヶ月後の金利となってしまいます。
そのため、金利の動きを読みながら決済を早めたり、遅くしたりなどの工夫が必要となります。
その他にもネット銀行を使用するなどの方法によって金利を抑えることが出来るようになります。
借り入れる額が大きいために数パーセントの違いでも返済額がとても差がつきます。
そのため、金利審査について事前に知っておくことが必要になります。

フラット35取り扱い機関の情報サイト

フラット35を利用することで、支払総額が大幅に安くなります。

フラット35